2012年07月24日

ATLEクリンスマン

キャロムWCCF部・233

YELLOW NESTA(部長):第9回の高級カード特集は・・・
ATLEクリンスマン!(ドイツ)
ATLEクリンスマン.jpg

カカカ:いったいどなたですか?(;´Д`)

たま:カカカ先輩知らないかぁ・・・(  ゚,_ゝ゚)

YELLOW NESTA(部長):ミランのオランダトリオが持てはやされていた時、インテルにはドイツトリオが在籍していたのだ!それが、マテウスとブレーメと・・・クリンスマン
ドイツ代表のキャプテンだったし、2006年ワールドカップではドイツ代表の監督だったんだよ!

カカカ:ドイツというとセンターバックが強いイメージで、ディフェンダーじゃないんですね〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

YELLOW NESTA(部長):とにかく決定力が傑出していて、Ver02-03の時も、ナンバー1センターフォワードがウェア、僅差の2位がクリンスマン、少し離れて3位がカジラギ(カジラギは異論ありかも・笑)というような認識だったと思う。

ウェアに比べ、重厚ではないが軽快で、クロスにヘディングではなく、オーバーヘッドで合わせてくることが多い!(KPもダイレクトシュート重視S)
またゴール前の得点する嗅覚に長け、いつも良いポジションに居るイメージ。味方のFKの時、こぼれ球を押し込むことが多いと言えばイメージが湧くだろうか?
ドリブル突破に関しては、それほど期待できないが、ボールを点で合わせて得点する技術は、WCCFのCFの中でもおそらく1、2を争う
優秀なパサーが居てこそ、更に輝きを増す選手と言えるだろう。なお、ドリブル技術はそうでもないが、パス精度・パワー・スピードも高く、スタミナも十分
後年のVerでは、ウェアより活躍しているね!明らかに
特殊ゴール実況は『ゴールデン・ファルコン』
posted by YELLOW NESTA(部長) at 11:33| Comment(0) | 高級カード特集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。