2014年10月23日

ドイツ代表の使用感一覧2

キャロムWCCF部・1014


YELLOW NESTA(部長):2季目の任期終了したドイツ代表の使用感一覧2です!今回はディフェンス陣です

◎10-11WCNシュバインシュタイガー※師弟
1季目→135試合8得点2アシスト
2季目→142試合11得点6アシスト
師弟だったので、最初からボールを拾ってくれて助かりました!パスよりもドリブルが好きなイメージ。来季は師弟のベンダーもサブの予定の為、ボランチ適正が高そうな12-13●でも使おうかなぁ。(今回の評価★★★★)


◎12-13●ベンダー
1季目→134試合3得点3アシスト
2季目→142試合5得点5アシスト
カバーリングが得意な地味な選手。無難にボールを拾ったり、カットしていた。パスも無難・・・サブこそ居て欲しい選手のような気もする。(今回の評価★★★)


◎10-11●ラーム※師弟
1季目→135試合13得点12アシスト
2季目→142試合33得点12アシスト
攻撃意識が高く、左サイドをガンガン上がっていきます。クロスの質は今ひとつだが、カットインした場合は決定力が高い。守備は高い位置にいても戻ってカットを試みるが、守備が軽い為、突破されてしまうこともしばしば。能力的には長友の上位互換と思ってください。(今回の評価★★★★☆)


◎12-13RGSヘーヴェデス
1季目→135試合1得点2アシスト(キャプテン)
2季目→142試合4得点1アシスト(キャプテン)
1季目ほど絶対的な守備力ではなかったが、それでも右サイドは安定していた。攻撃面ではセットプレイ以外は、あまり参加しない。(今回の評価★★★★)


◎10-11●フンメルス
1季目→93試合4得点1アシスト
2季目→142試合10得点1アシスト
足は遅いが、対人守備・空中戦で最も期待できる選手。ファウルはやや多いが、レッドカードは少ない印象。(今回の評価★★★★)


◎12-13●Jボアテング
1季目→132試合7得点1アシスト
2季目→142試合2得点1アシスト
1季目ほど目立たなかった。鈍足ではなく、カバーリングが上手なのは良いが、1対1の守備で負けてしまっては意味がない。サブに降格も検討中。(今回の評価★★★)


◎12-13●ノイアー※師弟(PK戦26戦14勝12敗)
1季目→135試合0得点0アシスト
2季目→140試合0得点0アシスト
試合中のGKとしては、文句のつけようがない完璧な選手。だがPK戦があまりにも弱い。ノイアーでPK戦を迎えた時の絶望感と言ったらもう・・・。(今回の評価★★★★)


◎09-10○ブット
2季目→14試合0得点0アシスト(PK戦5戦4勝1敗)
PKサブキーパーとして起用。うまくPK戦に出れれば活躍する。しかし交代できないことが多いね〜(笑)(今回の評価★★★☆)
posted by YELLOW NESTA(部長) at 11:00| Comment(0) | 日記