2014年06月08日

ヤングドイツの使用感一覧@

キャロムWCCF部・913


YELLOW NESTA(部長):任期終了したヤングドイツの使用感一覧です!今回はオフェンス陣です

◎11-12●ゴメス:133試合107得点0アシスト
スピード不足はやや目立つが、シュート技術は一流の選手。高さ・パワーも○。もう少し動ければ・・・(今回の評価★★★☆)

◎GESクローゼ:126試合115得点5アシスト
ほとんど後半専用で使用しました。シュートパワーは普通だが、頭も足も枠はまず外しません。ゴメスの出場時間の2/3ぐらいだと思われます(今回の評価★★★★)

◎12-13WSSミュラー:134試合38得点23アシスト
10-11●から12-13WSS交換した時から化けました。とにかく泥臭くゴールに押し込みます。またサイドをドリブル突破もできるようになったので、クロスから得点も期待できます。チーム内アシスト2位(今回の評価★★★★☆)

◎12-13●エジル:135試合61得点36アシスト
スピードと決定力とスタミナを兼ね備える司令塔。TOP下として過去使用した選手の中でも最強かも!(今回の評価★★★★★)

◎11-12○ゲッツェ:69試合10得点10アシスト
11-12○→12-13●→12-13WOM→11-12○とレアリティを最も変えた選手。それだけ期待通りに動かない選手でした。12-13のカードは突破力があるが決定力に欠けるイメージ。11-12○だと突破もできないイメージ。(今回の評価★★★)

◎12-13WSAロイス:36試合7得点5アシスト
個人★5特殊★4でフィニッシュ。突破力・決定力ともに申し分なく、連携面で充分になった時に更なる活躍を期待(今回の評価★★★★)

◎11-12○ポドルスキ:47試合3得点2アシスト
一言で片づけると『二流ドリブラー』。バックアップとしては良いが、スタメン起用は不満が残る(今回の評価★★☆)

クリンスマンやマテウスを使わない限り、次回もこのメンツですからねぇ
戦略・戦術面で勝っていきたいと思っています

ちなみに師弟は4人来て・・・

エジル・シュバンシュタイガー・ラーム・ノイアーでした

おぉなんか理想に近いぞ!
posted by YELLOW NESTA(部長) at 11:00| Comment(0) | 日記