2014年05月09日

不定期連載ヤングドイツ

キャロムWCCF部・883


YELLOW NESTA(部長):いろいろと検証してみました!!

まずシュメルツァーをサブにまわし、ラームを10-11●に交換+左SBへ→ヘーヴェデスを右SBへ→フンメルスを左CB

個人的な評価を★5点満点で使用感をつけます(☆は0.5点)

◎10-11●ラーム
左SBにしたせいか、足が速いカードに交換したせいか、はたまた★が溜まったからか解りませんが・・・『めっちゃイイ』です!(笑)ドリブル突破・ポジショニング・守備ともに、BANラームより上の印象。また攻撃意識も高く、サイド突破からのクロスと、カットインからシュートの二択が可能。更にKPオーバーラップはSランク(シュメルツァーはB)特殊実況『マジックドワーフ』もお気に入りです。超オススメ(今回の評価★★★★★)

◎11-12●フンメルス
両隣りのDFがカバーリングに長けた選手のせいか、チーム育成序盤の敵高速FWに翻弄されている姿は全く無く、ストッパーとして安定した活躍をしています。現在Jボアテングより頼りになります!これならスタメン確定!試しにCBをヘーヴェデスを組ませると・・・やっぱりダメですなぁ相性かなぁ(今回の評価★★★★☆)

◎12-13RGSヘーヴェデス
右SBにチェンジしても堅い守備は健在。右サイドはほとんど突破されません。左サイドと中央突破だけ注意すればイイので非常に楽です!ただし攻撃参加はかなり限定的なので、右SBで起用する場合は、前の右サイド選手を突破力がある選手にすべきでしょう(ウチのチームの場合は10-11WCMシュバインシュタイガーと12-13WSSミュラー)(今回の評価★★★★☆)


現在のヤングドイツ代表の守備力を10とすれば、シュメルツァーが入ったディフェンスラインは6.5ぐらいのイメージです。守備堅くなったなぁ!ありがとうですモンチッチさん♪

ただし一つ困った事態が発生しました
引き続きラームをキャプテンにしていましたが・・・10-11●ラームではチーム士気は上がらない
という事で、10-11WCMシュバインシュタイガーをキャプテンに任命したところ・・・
ドーン!モチベーションダウン!
どうやらキャプテン適正すら持っていなかったという(笑)

ということで、現在RGSヘーヴェデスをキャプテンに任命し、モチベーションアップになっています

キラは3クレで
12-13WCBピケ.jpg

バイエルンとバルサばかり引く私です
posted by YELLOW NESTA(部長) at 11:00| Comment(0) | 日記