2014年03月21日

プリーズ!フェアジャッジ

キャロムWCCF部・838

【ロンドン時事】2018、22年のサッカー・ワールドカップ(W杯)招致に絡む不正行為に関し、国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会が、10年12月の開催地決定投票に関わった当時の理事会メンバーのうち、ブラッター会長ら現職理事の調査に乗り出すことが明らかになった。英BBC放送(電子版)など複数のメディアが伝えた。
 22年カタール大会の招致に関しては、英紙デーリー・テレグラフが18日に買収疑惑を報道。FIFA元副会長のワーナー氏とその家族が、カタール出身でFIFA元理事のハマム氏が経営する会社から約200万ドル(約2億円)を受け取っていたと報じた。 

カカカ:あらら、ワールドカップ招致も金次第なんですかね Σ(゚ロ゚;)


YELLOW NESTA(部長):まぁワールドカップはビックビジネスになるから、当然利権が金を生むよね
審判買収から招致まで、知らないところで巨額の富が動いているのは間違いないよね


カカカ:審判買収とかもあるんですかぁ・・・実際にそんな試合なんてあったんですか?(゚ω゚;)


YELLOW NESTA(部長):う〜む、多くは語らないけど、まぁこのサイト見てみて
http://www58.tok2.com/home/letsgokorea/


カカカ:・・・・・

サッカーは、とにかくフェアなジャッジをお願いしたいですね(´ー`A;)
posted by YELLOW NESTA(部長) at 11:00| Comment(0) | 日記