2013年09月16日

消費税の3%増税

キャロムWCCF部・652

YELLOW NESTA(部長):東京オリンピックが決定しましたね!それは非常に楽しみなんですが、消費税の3%増税もほぼ決定的に・・・

消費税の3%増税で、ゲーセン業界の何が変わるのか?
簡単に言うと、全国のゲーセンの閉店が更に加速しそうです

メーカーさんからゲーセンに対する、ゲーム機や課金の代金は、消費税を上乗せできますが、ゲーセン側はお客様に対して基本的に消費税を徴収していません(→内税方式)
ちょっと前に1プレイ120円のゲーセンがありましたが、すぐに普通の方式に戻したみたいです・・・要するに売上が急激に落ちたということです。

また、プリカ決済の店舗もありますが、導入に莫大なコストがかかる事と、現金では内税で、プリカでは外税だとすごく損した気分になります。だから定着しません。
加えて昨今の電気料金高騰も理由のひとつです。

景気が良かった2006年(平成18年)と比べると

2006年23,613軒 → 2011年18,114軒
全国のゲーセンの数です。(ウィキペディアは許可を受けたゲーセンのみ)

2006年7,549億円 → 2011年4,875億円
これが全国のゲーセンの売上高です。今年は2006年の半分ぐらいになる可能性もあります。

2006年2,234億円 → 2011年1,848億円
これがメーカーの売上高です。意外と維持している・・・課金が効いていますね。

この数字がどのような意味を持つか、地域のゲーセン閉店が一番みなさんに影響を与えると思いますが、この流れは衰えそうにありません。

posted by YELLOW NESTA(部長) at 12:17| Comment(0) | 日記